Profile

はじめまして。『からだアート』を手掛けるオカザキ恭和です。名前は やすか と読みます。


もうだいぶむかしの話ですが、30歳目前に会社をやめまして

コンテンポラリーダンスにのめりこんだ数年がありました。

ヨガはその当時から、からだ創りとダンスで疲れた心身の回復のために取り入れ

「すごい気持ちいい〜♪」ので

いつしか自然と日々やるようになりました。

呼吸を意識するだけでもヨガ

寝ていてもヨガはできるし、変化も感じられます。

ヨガはどんな人にもいいのではないか!?と思うようになり

小さな公民館でヨガベースのからだほぐしクラスをはじめました。

そこから神様の計らいでしょうか?笑

からだとこころのつながりに興味があったこともあり

精神科の病院でヨガを療法として指導する経験を3〜4年

下町八広に越して来るのを機に

『からだの時間。』(旧名称)を開いてお家のアトリエで

ヨガをご近所のみなさまと共にするようになりました。

近頃は『北斎ヨガ』の考案者として

墨田区を中心に北斎ヨガのイベントを開催したりもしています。


そうして現在は足立区の知的障害者の施設でダンス指導

ご近所の施設や我が家のアトリエでのヨガ指導

『北斎ヨガ』の活動、身体表現のダンス活動を手掛けています。


ヨガ以外にも素晴らしいものは沢山ありますが

ヨガはヨガでやっぱりすごい。

めまぐるしくても、どよ〜んとしていても

ヨガをすると中庸の自分に戻っていくんですね

荒波に呑み込まれているときは、穏やかさや落ち着きを

何もやる気がでないときは、明るさや健全さを

そっと寄り添うように内側から変えていってくれる。


ごはんを食べるように、ヨガを暮らしに取り入れて

もう十数年たちました。


気を巡らすとより気持ちよくなるので

近頃は、気功の要素も織り交ぜたり、少しずつクラスの内容は変われども

関節をゆったりまわしてゆるめたり

からだをゆらゆらブラブラゆすって余分な力を抜いくことはいつでも大事にしています。

レッスンの最後は、短いですが瞑想的なひとときを。

ぽかーんと無になれる時が好きで

静かに座る時間もいいものです。


やわらかい色香をもった 

いのちの煌めきを感じる女性

幾つになっても

たくさんの煌めき、あたたかさを

受け取れる人生を!

これは最近の目標です。


いのちは本来とてもあったかい


冷たさは、いのちの本来の姿ではありません

あったかいからだ あったかいこころを 

いのちを育んでいきたい

人はやっぱり誰かとふれあうことで、自分を大事に、相手も大事に

よりあったかい人間性を磨いていけるのではないかと思っています

わたしも日々成長中です

多くの皆様と出会い、喜び、ぬくもりを感じながら

愛しい日々をごいっしょできれば幸いです。


やすか

オカザキ恭和(おかざきやすか)

*略歴*

神奈川県平塚市生まれ。広告制作の仕事をするなか息抜きにはじめたダンスが転換点となり、ダンス表現活動へ。身体と心のつながりに関心を持ちヨガに取り組む。「ヨガって気持ちいい、多くの人にご紹介したい!」と2004年からヨガクラスを開始。

2010年 すみだ下町にアートスペース兼アトリエ兼住居 yahiro8 をオープン。ヨガクラスやアートイベント活動をはじめる。

2012年 北斎ヨガを考案、好評となり執筆活動、イベント公演、指導を行う。

現在

ヨガ指導、障害のある方々へのダンス指導、身体表現としてのダンス活動を手がけている。

*参考*

オカザキ恭和 HP

北斎ヨガ HP


*ヨガ略歴*

2004年9月〜2005年 ヨガベースのからだほぐしクラス開催(自由が丘)。その教室がご縁となり、

2005年5月〜2008年3月 医療現場でうつ病治療、や精神障害治療の一環としてのヨガやダンスを通じた療法に携わる。

2008年4月〜足立区希望の苑にて知的障害者へのダンス指導を開始。 継続中。

2008年5月〜スタジオヨギーにてヨガインストラクター基礎講座修了 

      都内ヨガスタジオにて、ヨガクラス、骨盤コンディショニングのクラスを多数受け持つ 

2011年 からだの時間。オープン

2012年 北斎ヨガ考案

2016年    「からだの時間。」改め 「からだの時間 inspire soul 」へ

2017年 元来の夢だった『からだアート』に名称変更  ヨーガ療法士の勉強スタート